株式投資の面白さについて

株式投資の面白さといっても自分自身の資産にリスクが伴うわけですから、単純に面白いと言うわけではありません。
しかしながら自分自身が投資する企業の行く末、見通しが当たるかどうかなどを考えることによって株式投資の面白さが生まれてきます。
まず、株式投資を始める前にどんな企業に投資をしようか考えることになりますが、自分自身が興味を持っている企業がどのような事業営んでいて、数年後どのような事業を行うことで大きくなるのか、株価が上がるのかといった見通しを立てることになります。そこに過去のチャート分析を行い、まず、株式投資を始める前にどんな企業に投資をしようか考えることになりますが、自分自身が興味を持っている企業がどのような事業営んでいて、数年後どのような事業を行うことで大きくなるのか、株価が上がるのかといった見通しを立てることになります。そこに過去のチャート分析を行い、どの程度の値動きが発生していて、どこまでは株価が上がりそうだと言う見通しを立てることが可能になってきます。もちろん、実際に投資する際にはどこまでマイナスになれば損切りを行うか、どこまでプラスになれば売りぬくのかということを事前に決めておくことが重要になります。
もちろん、自分自身が事前に調べたデータが全て当たるとは限りません。しかしながらまずはスモールスタートで自分自身が興味を持った企業の株式を購入することによって、自分自身の見通しが正しかったかどうかを推し量ることが可能です。実際に1000株単位で購入することが難しければ100株単位で購入しても問題なかろうと思います。
まずは株式投資と言うものがどのような形で進んでいき、どのようなタイミングで売買をするかと言う経験を積むことが株式投資の面白さを知ることになるのです。
ある程度慣れてくれば自分自身が興味を持っている業界や企業を広げることによって購入銘柄をさらに幅広く設定することが可能だと思います。一つ一つの銘柄の購入数が少なくとも、リスクを分散することができるので非常に有効な手法になってくると思います。
さらに言えば業績が低くとも、株主に対して配当が非常に高い企業もありますので、こなれてくると実際の株価だけではなくこのような株主メリットも調査した上で購入を検討すべきではないでしょうか。
少しずつ株式投資の面白さを知り投資金額を増やすことによって自分自身の資産を増やすことができれば非常に素晴らしいことになると思います。