仮想通貨はマイニングによって

何かと世界的に人気になった仮想通貨ですが手に入れる方法はいくつかあります。取引所などで直接的に売買するということが最も楽なのですがそうではなくて、自分で仮想通貨を作ることに近いものをやるというのも可能です。それがマイニングと呼ばれる行為です。 日本語で言えば採掘と呼ばれるものなのですが正確に言えば仮想通貨を作っているというわけではなく、その仮想通貨が正しいものであるということの証明をするための計算力を提供することによってその報酬として受け取ることができるということになります。 そもそもマイニングとは何のために行われるのかと言いますと仮想通貨は実体が無いデジタルな通貨であるわけですが、それらを正確に把握するために今までどのような取引がされていたのかというのを一つ残らず正確に記録して、それをひたすらに続ける必要があります。つまりは、取引が増えれば増えるほど過去の取引の部分も出てくるので非常に難しい計算になっていくということになります。 正確にいえば難しい計算というよりは計算量が膨大すぎるものといえるでしょうが、とにかく仮想通貨の取引記録台帳にはハッシュ関数という演算を用いてやっていきますが、この時に現在の取引と現在のブロックのハッシュ値が入れられた次のブロックが生成された時に新しい仮想通貨が創造されるという形になります。 つまりこの計算をした人に対して次の新しい仮想通貨が生まれた分を支払われるというような形になるわけです。細かい計算については理解していく必要性はなく、コンピューターにこのような計算をさせるためのソフトやサイトを用いたり設定を行うということができれば基本的にコンピューターがあれば誰でもマイニング自体に参加することは可能です。 マイニングをするときに必要になるのは、高度な演算が可能な高性能なコンピュータと電気代です。この電気代というのがかなりネックになってしまうのが現状です。 電気代が高いので日本ではなかなかマイニングが収益ベースに乗せることは難しいということもありますが、実は上手く収益ベースに乗れば、そのままひたすらに環境が変るまでは利益になりつづける、というかなりおいしい事業、投資になったりします。今から日本で事業としてマイニングをしようとすることは、かなり大変ではありますが、不可能ではありませんから目指して見る価値はあるでしょう。安くマシンを手に入れることをまずは目標にしましょう。