証券会社の口座は3種類あります

株式取引を行うためには、証券会社に専用の口座を開設する必要があります。現在はネット証券会社が数多く運営されているので、自宅で口座開設することが可能です。しかし、株初心者が証券会社に口座を開設する際、どの口座を選べば良いか、迷ってしまう人がとても多いです。口座を開設するには、「特定口座」と「一般口座」のどちらかを選ばなければなりません。特に何も手続きを行わなければ、自動的に一般口座が選ばれるようになっています。一般口座を選ぶと、いつ、どの株式をいくらで購入し、いくらで売ったかという、取引内容を自分で記録し、税務署に確定申告を行う必要があります。取引内容を自分で記録するというのは、株式取引のたびに届く取引報告書を保管しておき、1年間の損益を自分で計算して納税書類を作成して、税務署に確定申告することです。ただし、1年間の利益が20万円以下であれば確定申告は不要です(ただし、サラリーマンであって給与以外の他の収入がない人などの場合)。
一方の特定口座を選ぶと、ネット証券会社が売買益を計算してくれます。そして、年明けごろになると年間取引報告書を作成し、希望する人に対して郵送してくれます。投資家にとっては、自分で計算する必要がないため、非常に使い勝手が良いシステムといえます。
ただし特定口座には、「源泉徴収なし」と「源泉徴収あり」の2種類があることは知っておくと良いです。源泉徴収なしでは、会社勤めであって、給与以外の他に収入がない人などの場合、1年間の利益が20万円以下であれば確定申告は必要ありません。もし、20万円を超えた利益があれば、自分で確定申告の手続きを行う必要があります。しかし、先述した通り、ネット証券会社が年間取引報告書を作成してくれるため、それを添付すれば比較的容易に確定申告できるでしょう。
源泉徴収ありでは、利益の額に関係なく、株式を売却するたびにネット証券会社が源泉徴収を行ってくれます。そのため、確定申告は一切不要です。特に普段から忙しい人は、特定口座の源泉徴収ありを選ぶと良いかもしれません。ただし、本来は税金を払う必要がない1年間の利益が20万円以下であっても、売却のたびに源泉徴収されていることに注意が必要です。つまり、頻繁に株式売買を行う人にとっては、その都度源泉徴収されるので、あまり効率が良くありません。そのため、1年間の利益が20万円を超えそうであれば源泉徴収ありを選び、20万円以下になりそうならば源泉徴収なしを選ぶのも1つの方法です。